MENU

安全のために頻繁に点検

看板

契約スタイルは2種類

マンションになくてはならない設備のエレベーターですが、安全に使用していくために建築基準法によって年に1回の定期メンテナンスを受けなければいけません。このメンテナンスを受けている証拠としてエレベーターの内部に検査証がはられているのに気づくでしょう。法律で定めれらているメンテナンスは1年に1回ですが、もっと頻繁にエレベーターのメンテナンスが行われていて階段で上り下りをしなければいけなくなった記憶があるはずです。それは法律ではなく財団法人の指針に基づいて管理会社が1月に1回のエレベーターのメンテナンスをしているためです。最近ではリモートコントロールによるメンテナンスができるエレベーターが増えていることもあって、実際にサービスマンが訪問してメンテナンスをすることは3カ月に1回程度になっていることが多くなっています。マンションのエレベーターのメンテナンスは都度業者に依頼するのではなく、契約の基づいて行われています。契約スタイルは2種類あり、1つは修理やパーツ代は別料金のPOG契約で、修理代金を全て含んだFM契約があります。もちろん契約料金はFM契約の方が高くなりますが、その分補償が手厚く、年によってメンテナンスフィーの変動が少ないことからマンションではFM契約を採用することが多くなっています。新しいうちは故障の確率も低いので、POG契約にしておき、余った費用は積み立てておいて、ある程度の年数が経過したらFM契約に変更する手段も考えられます。

Copyright© 2017 エレベーターの定期メンテナンスを依頼しよう【重要性とは】 All Rights Reserved.